ロードバイク

ロードバイクを始めたきっかけ

こんにちは、51歳ロードバイク2年生のカツオです。
今回はロードバイクを始めたきっかけについて書いて参ります。

始める前はなにしてたの?

そもそもトレランにドップリはまって5年ほど、ようやく日本最高峰のトレランレースUTMF(ウルトラトレイルマウント富士)100マイル(170㎞)の出場資格を得ました。世界のトップトレイルランナーも出場するのに一般人も出れる貴重なレースです。当時48歳カツオの身体は169㎝56kg体脂肪8%で絶好調、自分の足で日本縦走できるのではと思えるほどでした。2500人の出場枠にはカツオクもエントリーしており夫婦で完走を目指していました。

しかし20㎞以上の距離を走ると左足首に痛みがとても170㎞を走れる状態ではありませんでした。

手術をしたら・・・

レース4か月前に止む無く手術を決意します。

≪手術直前の風景≫
近所の街医者さんでしたので新聞紙広げられている?こんなもん??
全身麻酔ではなく痛みは無いが切っているのは感じられた。

1か月もあれば元に戻るよ

手術した先生からの言葉でしたが無情にも痛みは戻らず、むしろ術前よりも日常に痛みは広がっていきました。当初は腫れてロキソニンの毎日、徐々に回復するはずなのにむしろ術前よりも痛みは悪化、とても走れる状況ではなくなりました。あまり調べもせず整形外科の先生に言われるままにしてしまった自分を悔いるがもう後戻りできるはずもなく、しかしそんな折コロナでレース自体が中止になりどっちにしても出場は出来なくなりました。エントリー費36,000円×2人分は戻らず、そして自分の身体も元に戻らず


せっかく作り上げた体力を少しでも維持したい思いつつ、仕方ないのでカツオクに付き添ってもらい近所の山をゆるゆるハイクという状況が続きました。しかし歩いても痛みは出るので帰ったらいつも氷で冷やしていました。日常生活に支障はなかったのに欲を出して手術を選んでしまった事、50歳手前にして人生の大きな勉強をすることになりました。

じゃあどうするのか??

というわけで前置きが長くなってしまいましたが、
そんな折に山遊び友達のケンケンさんより「ロードバイクまじで良いよ」というお話が転がり込んでくる。足に負担をかけず体力を少しでも維持していくには

もうロードバイクしかないな・・

と腹をくくって購入に動き出したのが2002年5月20日ころ、
手術から4か月以上経っていました。

やはり身近な方から言われるのが一番心が動きますね、
ということでロードバイク情報収集に取り掛かるのでした。

まとめ

・トレランを5年やっていた
・足首不調でレースに出るために手術する
・しかし失敗し日常的に痛みが引かない
・体力維持の為に何をするのか?
・結論は友達に勧められたロードバイクだった

というきっかけでやるしかない!ということになりました。

続く・・・カツオ

ランキングに参加中 ↓PUSHお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ

 

☆かつおちゃんねるが使用しているグッズ https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/3S93RO2QPWL4O?ref_=list_d_wl_lfu_nav_2 アフィリエイトリンクを使用しています。

POSTED COMMENT

  1. ゆいっちょん夫 より:

    こんにちは。
    ブログを始めたきっかけの記事を今日読ませていただきました。こちらもよく似ている状況でびっくりしました。
    私も、健康と体重維持のために6年ほど前から朝1.5時間の散歩をしてきました。疲れがたまると、腰痛が激しくなるので、整形でMRIを撮ったところ、すべり症が見つかりました。その時にはまだ何も症状が出てなかったのですが、10か月後、腰部脊椎狭窄症の典型的な症状、長時間歩けない、立っていられない、という状態になってしまいました。散歩が苦痛になり、そのころ(昨年の7月)からロードバイクによく乗るようになり、ほぼ毎朝20km乗っています。今のところ、自転車は腰には負担がないようなので、毎朝頑張っていきたいと思います。完治は手術しかなく、その手術も直る保証はないので、行けるところまで狭窄症と仲良くお付き合いしていきたいと思います。
     それから、更にビックリ、当方もキャニオンのエンデュレースを注文しています。届いたらインプレを報告したいと思います。

    • katuochannel より:

      ゆいっちょんさん、ありがとうございます!
      身体に負荷少なくも健康維持にロードバイクは良いですよね~
      大変なご状態と思いますが無理なく付き合っていくしかないですよね、
      私の足首もまだまだ痛むのですがロードバイクならなんとかです。
      キャニオンも楽しみですね!!!

  2. クルンテープ より:

    タイからブログ楽しませて頂いています!
    私も2019年にロードバイクで落車、大腿骨骨折、翌年にも肋骨5本骨折と骨盤にヒビ経験しましたが、めげずに乗り続けています。来年から宝塚へ帰郷する事になる予定ですので、六甲でお会いできればと楽しみにしています。

    追伸(余計なお世話ですみません!)
    プロフィールの「変則不能」は「変速」ですね。
    この記事の手術は2020年ですね?
    しかし、関節の手術に新聞紙って、酷すぎる!

    • katuochannel より:

      クルンテープさん
      はじめまして!海外よりご覧頂きまして誠にありがとうございます!そしてご指摘ありがとうございますf^^;修正しました。

      こちらへお戻りの際は是非六甲でお会いしましょう。事故にはお互いに気をつけましょうね!!

  3. 直樹 より:

    かつおさん、かつおくさん、ブログ読ませてもらいました♪
    足の手術が失敗になると普通、どうしてもネガティブになり、悪い方へと行ってしまうのですが、友人の勧めにによりロードバイクへ夫婦で行かれた、そして、動画やインスタにブログとアクティブに活躍されている姿を見て、凄く自分自身も前向きに人生遠歩いて行かなければと本当に心から思いました‼️これからも素敵な、お二人の活躍を期待してます♪

    • katuochannel より:

      直樹さん、嬉しいコメントありがとうございます!
      失敗して塞ぎ込んでも損するのは自分自身で、そこをバネに次のステップへ行けたら良いなと日々思っております。でも私はとても心配症でいろいろ考えてしまうのですが笑
      でも長いようで短い人生、前向きに進んでいく方が楽しいですね^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA