商品情報

ICANカーボンディープリムホイールで六甲ヒルクライムTTしてみた


ICANカーボンディープホイールα50で六甲山ヒルクライム逆瀬川ルートTT(タイムトライ)してみました。

こんな人に読んで欲しい

・カーボンディープリムホイールを装着してみたい
・重めディープリムホイールでヒルクライム速く走れるのか興味あり
・中華カーボンホイールって大丈夫なのか心配

カツオ
カツオ
年齢と同じタイムでゴールできれば「速い」と聞いていたので、51歳カツオ、51分台を目指しました!


ICANJPホームページはコチラ

ヒルクライムしたロードバイクのスペック


Specialized Roubaix Comp 2020
Shimano Ultegra R8000,11-speed
ICAN alpha50 Disk(前後1708g)
Continental Grand Prix 5000

この状態で8.9㎏(自宅のデジタル計測器)くらいです。

出典:スペシャライズドオンラインストア

元々はこんな感じだったのでホイールで随分ロードバイクの印象は変わりますね。
完成車のアルミホイールは1780gだったので、ICANカーボンα50の方が72g軽いのですが、まあほぼ同じくらいです。

この前後1700gディープ50でどのくらいタイム出るのか自分でも興味津々でした。

一度目の逆瀬川ルートTTは59分56秒

今までのカツオの六甲ヒルクライム逆瀬川ルート(阪急逆瀬川駅~一軒茶屋)TTは59分56秒。完成車に付いていたDTSWISSホイールでギリ1時間以内必死でした。ただし真夏にやっていますので今回と単純比較はできませんが、過去に1度しか逆瀬川TTしていませんのでこの記録と比較していきます。

スタート地点の逆瀬川駅へ

ボトル1本、ツールボックス、撮影のGoproを乗せたロードバイクは恐らく9kg後半かと思われます。

にっしゃんねるたまたま居合わせたにっしゃんグループに逆瀬川駅スタートを応援して頂きました。

逆瀬川ルートスタート!


さてこのホイールでどこまで速くなるのでしょうか??

逆瀬川駅~甲寿橋

逆瀬線路手前から交差点の信号変わったのを確認してからスタート!
しかしすぐ前に阪急バスいたのに気付きませんでした。。

平地でスピード稼いでおかないとと思って必死漕ぎましたが、甲寿橋までは信号2回止まりました。両脇ゴルフ場までいくとやや下りスパンでるのでそこも必死に笑

逆瀬川駅~甲寿橋タイム(距離4.53㎞、勾配4.8%)
・今回14分18秒 19.0km/h ★PR★
・前回18分33秒 14.7km/h

4分ちょい速くなりました!!

甲寿橋~宝殿料金所


この頃には心拍180をずっと超えて漕いでました。ヤバし。。

アウター50Tで頑張りましたがさすがに勾配10%超えてくると継続は難しくインナー34Tでスプロケ27T~25T?くらいで登っていたかと思います。

甲寿橋~宝殿タイム(距離4.67㎞、勾配9.7%)
・今回26分24秒 10.6km/h
・前回29分57秒 9.4km/h

前回よりも3分33秒速い!!

宝殿料金所~一軒茶屋

前夜の雨でだんだん霧が濃いくなってきます。
サングラスも曇るほどでした。

ずっと心拍182~185とキツイ状態が続きます。
あと150m UPがんばれ~

六甲縦走路分岐からは、ほぼ登りなしのラストスパート!
漕いで漕いで漕ぎまくります。
しかし体力絞り切っているため足は重くディープの好影響はだせませんでした。。

最大心拍198まで上がり、危ない危ない💦

最後のストレートも必死に漕いで・・・・・

宝殿~一軒茶屋タイム(距離2.21㎞、勾配7.7%)
・今回10分12秒 13.0km/h 
・前回11分30秒 11.6km/h

1分18秒速くなりました!!

ディープのヒルクライムまとめ


逆瀬川駅~一軒茶屋タイム(距離11.27㎞、勾配7.5%)
・今回51分07秒 13.2km/h ★PR★
・前回59分56秒

やったー!!8分49秒短縮出来ました!!
ただし前回は真夏だったので一概に単純比較はできませんが、予想よりも速かったです。

年齢を下回るタイムだとOKと聞いたことがあるので、51歳=51分台だったので良かった?!今後はなんとか50分きりを目指して精進したいと思います。

カツオ
カツオ
感想としてはやはりディープ重めだとヒルクライムは変わらないけど平坦はスピード乗ると速い印象です。ホイールの硬い柔らかいは感じず、以前のアルミホイールとそれほど大きく変わる感じはありませんでした。しかしヒルクライムではより軽いホイールが必要かなと思いました。

ディープはヒルクライムよりも見た目ですねw


心拍が平均180で激ヤバでした。

六甲TT動画↓

 

ICAN
【速報】カーボンホイール ICAN Alpha50 インプレッション ICAN Alpha50 Disk Brake カーボンホイールの初インプレします。 鳥取日帰り380㎞以来、巡航速度...
ロードバイクの初カーボンホイールはディープリム50 カツオクには去年12月にFFWDのカーボンホイールを導入していました(リムハイト28㎜1450gハブDTswiss350...

ICANJPホームページはコチラ


ランキングに参加中
↓PUSHお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA